長岡まつり大花火フェスティバル

長岡大花火ビッグイベントは長岡まつりのメインとなる祭礼。長岡大花火ビッグイベントは津々浦々三大花火ビッグイベントのうちの1つで、しかも、その三大花火ビッグイベントの中で、唯一「競技ではない」花火を遊べるのが「長岡大花火ビッグイベント」なのです。
長岡まつりの発端は、今から72時世前の昭和20時世8ひと月1日にさかのぼります。
その夜、闇の空に夥しい通算の黒い名残が。B29大柄爆撃機が来襲し、昼過ぎ10中半から1ひととき40取り分にわたりにかけて都心を爆撃しました。そうして旧都心の8割が焼け野原と変容し、燃え盛る炎の中に1,486名の尊い大切が失われました。
見渡す以上が悪夢ものの惨状に、言い尽くし難い悲しみって憤りに打ち揺れる人々の組み合わせがありました。
そんな折、空襲から1時世後の21時世8ひと月1日に開催されたのが、長岡まつりの先代です長岡復興祭だ。
こういう祭を通じて長岡国民は魂を慰められ、励まされ、硬くポイントを取り合いながら、不撓不屈の精神でまちの復興に臨むことができました。
このように、空襲の来年から始まった長岡まつりで打上げられる花火は、「慰霊といった復興」の願いが秘められた執念の逸品ばっかりなのです。
スケジュールは毎年8月一年中の前夜祭に訪れ、大花火ビッグイベントが実施される8月2〜3お日様の二日間に及ぶ図書祭へって続きます。長岡大花火ビッグイベントは図書祭二日間にかけて繰り広げられられます。
スタート時間は両日ともに19:25〜21:10で、スタートロケーションは津々浦々最大の川です信濃川の河川敷だ。
なお、悪天候の場合の延期は保留なので、お問い合わせください。

熊野大花火ビッグイベントは、毎年8ひと月17お日様に世界遺産の通りとしてばれる三重県内熊野市の七里御浜海岸で開催される花火ビッグイベントだ。
熊野の花火は三尺玉海上自爆に代表される音調ってすさまじさが恐ろしい花火ビッグイベントとして有名です。
スタート心づもり日取りは2017時世8月17お日様で、三重県内熊野市の七里御浜海岸で約10,000発の花火が打ち上げられます。
熊野大花火ビッグイベントの見どころは、全速力で滑る2隻の船から点火した花火玉をずっと海へ投げ入れ、海上で半円形の花を咲かせる「海上自爆」をはじめ、400m沖合いに浮かべた鉄骨製のイカダに、重さ250kgの三尺玉を設置して単に炸裂させる「三尺玉海上自爆」など、個性豊かな花火を楽しむことができます。
やめを飾り付ける「鬼ヶ城大からくり」は、国の名勝天然記念物・鬼ヶ城(岩場)に花火を設置して爆風と鳴動を楽しむからくり花火で、なかでも岩場に花火玉をじかに置いて炸裂させる「巌胸のとどろき」は、花火玉自爆音調や爆風に加えて、岩場での反照音調や洞窟でのサウンド鳴音調も掛かり、大迫力を演出します。
他では味わうことができない大迫力の花火をできるだけ客で体感して下さい。
なお花火ビッグイベントが延期になる例、降水の表現よりも台風による高波の表現による場合がほとんどです。台風が日本のはるか沖合に発生している場合でも、沿岸には5m〜10mという高波が打ち寄せている場合があります。
花火ビッグイベントスタートの要綱はホームページ上として時折確認できるので、開催されることを必ずチェックしてからピクニック下さい。参照サイト